父ちゃんが引き出しを開けっ放しにするよ。さあ、どうする?

皆さん、こんばんは^^

totonoe+の冨田 真紀です。

今日は、

昔、わたしが体験した

「父ちゃんが引き出しをちゃんと閉めないよ」

をテーマに、書きたいと思います。

整理収納アドバイザーの資格をとった当時、

家の中が片付いていることが

すごく氣持ち良くて、嬉しくて。

ところが、ところが。

なんということでしょう。

それと同時に湧き上がってきたのが

「片付けない家族に対しての怒り」でした。

引き出しをちゃんと閉めない、父ちゃん。

(あと5センチ。めっちゃ惜しい)

おうちをちゃんと作ったのに、

その手前にジャンバーを投げ捨てる子ども達。

などなど。

目撃するたびに

「ぬおおおおおお」

と、怒りが込み上げてきてたなぁ~(笑

でね。

ある時、お父ちゃんに伝えたの。

「引き出し、なんでちゃんと閉めないの?

 ちゃんと最後まで閉めてよ」って。

そしたら、キレぎみに

「俺だって、頑張ってる。その言い方、むかつく」

みたいな感じで返ってきた!笑

今思えば

そうだよね~

カチンとくるよね~

と思う(笑

あの時は

ちゃんとしてる私が正しい、

って思ってたから。

相手への敬意も配慮もなく。

あと5センチ。

なんで、最後まで閉められないのか

ホントに、理解できなくて

その5センチを見るたびに

また、あいてる。

今日もあいてるって

超イライラしてた!笑

ごめんよ、父ちゃん。

お部屋がキレイな事がすごく大切だったわたしは

開けっ放しの引き出しを見ると

「わたしが大事にしてる事を大切にしてくれない」

っていう反応の仕方をしていて

その奥で

「わたしが大事にされていない!!」

って、感じていたんだよね。

つまり

引き出しが空いてる=わたしが大事にされてない

という理解をしてた。

(深いところでね!!)

でも、真実は

引き出しが開けっ放しだからといって

わたしが大切にされてないわけじゃない。

相手が自分の望む行動をしない=自分が大切にされてない

という思い込みがあったから

引き出しが空いてるだけで

反応してたんだなぁ。

っていう事を理解すると

そもそも

お父ちゃんにとっては

引き出しを閉める事は

別にどっちだっていい話なのに

頑張ってくれていた努力を認めずに

出来てないところだけを

指摘されたら

そりゃ、お父ちゃんも悲しいよな。

ここまでくると

協力してくれて

ほんとありがたいなぁ、って思えてきて。

今となっては

引き出しがあいてても

別になんとも思わなくて!笑

(ほんと、不思議よね)

氣づいたわたしが閉める。

ただ、それだけのこと。

いや~、らくちん。

「怒り」「悲しみ」様々な感情の扱い方は

NVCを学んだお陰で本当にラクになりました。

誰かのせい、は1つもないことを

自分の中に湧きおこる感情に教えてもらっている感じです。

その感情の奥にあるニーズ、に氣づいて、

味わい、赦して、放していく。

そのたびに心が軽くなっていきます。

今年は雪が少ないので

我が家でゆるりと

NVCの自宅セミナーをやりたいと思います。

JRの方はあいの里教育大駅まで送迎するので

ぜひ、遊びにきてね!

※わたしはNVCの認定講師ではありませんので

 その点のみご了承くださいね!

\NVC自宅セミナー/

〇日時〇 

  2020年 2月19日(水)

  10時~12時半

〇場所〇

  札幌市北区南あいの里(冨田自宅)

  ※お申込みいただいた方へ直接ご案内しますね^^

  ※車、OK。JRの方は学園都市線、あいの里教育大駅まで送迎します

〇料金〇

  2500円

  ※当日、現金にてお支払いください

〇定員〇 

   3名様

〇もちもの〇

  筆記用具

お申込みはこちらから

最新記事
アーカイブ
​カテゴリー
    This site was designed with the
    .com
    website builder. Create your website today.
    Start Now