「捨てられない」=捨てたい、そして、捨てたくない。

December 10, 2019

みなさん こんばんは。

totonoe+の冨田真紀です。

 

 

 

 

 

お片付けをしていると

よく

「わたし、捨てられないんです」

というワードが登場します。

 

 

 

 

 

「捨てられない」

 

 

 

 

 

 

という表現をしている時

 

 

 

 

自分のことのようで

どこか

自分ごとじゃないような

 

 

 

 

捨てられない、にしておけば

 

 

 

見ないふり、できるような。

そこから逃げられるような。

 

 

 

 

そんな感じ、しません?

(え?違う!?)

 わたし、

 

捨てられない、っていうのは

 

 

 

 

捨てたい。

そして

捨てたくない

 

 

 

 

だと思うんです。

 

 

 

 

捨てたい、と思うわたしもいる。

捨てたくない、わたしもいる。

 

どっちもある。

相反する思いを持ってる。

 

 

 

 

 

 

アクセルを踏みながら

ブレーキを踏んでいる感じ。

 

 

 

 

だから、困っちゃう!(笑

 

 

 

 

いや~これは

どうしていいか分らないよね!!

だって、どっちもあるんだもん!!!

 

 

 

 

ただね、

 

 

「捨てられない」

という思いは

したいのに、できない。

なんで出来ないんだろう、って

自分で自分を責める感じがあるんだけれど

 

 

 

 

真実は、そうではなくて。

 

 

 

 

捨てたいと思うわたしもいるし

捨てたくないわたしもいる。

どちらもある。

そう、どっちもある、

ただそれだけ。

 

 

 

 

捨てることで、満たされる思いがあるし

捨てないことで、満たされる思いもある。

 

 

 

 

 

捨てることで、何が満たされるのか。

捨てないことで、何が満たされるのか。

それをまず、感じてみて。

(感じるの、めちゃめちゃ大事!!何が湧いてくる?)

 

 

 

 

 

そのうえで

 

 

 

「で、本当はどうしたい?」

 

 

 

 

って、自分に聴いてみると

 

 

 

 

 

「捨てられない!」って思っていた時とは

 

 

 

まったく違う視点で

 

 

 

モノとの自分との関係性を観ることができるようになるよ^^

 

 

 

 

 

良い悪いなく

自分にとっての本当の願いを叶えていけたら、

とっても幸せですよね^^

 

 

ちょっとだけ、実験してみてね^^

 

 ご自身でのお片付けがつらい方、

いつでも お手伝いします^^

 

2020年のお片付けのご依頼はこちらから^^→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ