どうして、片付けられない事がこんなに辛いの!?

「片付けられない」 だからどうにかして、 出来るようになりたい。 何かが出来ない時。 どうやったら出来るようになるのか。

わたし達は、いつも 方法、やり方、テクニック、で 出来ない事を 補おうと、 なんとかしようと、頑張る。 頑張ったら、良くなる感じがするし!!

でも、、、、 「出来ない」を頑張って克服しても 一時的な達成感はあるんだけど

なんだろう… 満たしきれない寂しさや なんとも言えない虚しさが また、、やってくる。 これがほんっとに、キツいんだよなぁ。 やってもやっても、埋まらない、 という感覚。

わたし達は、 できない自分に すごく罪悪感を 感じてる。 それは、 片付けが出来ない わたしは ●●だ。 と、 無意識に自分を裁いてるのとイコールだ。 片付けが出来ないわたしは、なんてダメなんだろう。 片付けが出来ないわたしは、ホントだらしないな。 片付けが出来ないわたしは、母としてどうなの? 子ども達が片付けられないのも、 わたしが出来ないから… わたしのせいだ。 そんな風に、

心の奥では

出来ない自分を責めてる。 「出来るわたし」は、良いわたし。 「出来ないわたし」は、ダメなわたし だからね、 散らかった部屋を見ると 「出来ないダメなわたし」を 自分の至らなさを わたしの無価値感を 見せつけられている氣持ちになる。

それは、

言葉では言い表せないような・・ 息が詰まるような 苦しさだと思うんです。

片付けられるようになったら 今のわたしが 少しはマシなわたしになるかも。 何かが変わるんじゃないか。

でも、、そのエンジンだと 満たされる日は永遠に来ないのだよ。 (冨田の体感)

なぜなら 自分の中に 良いわたし、と ダメなわたし がいるから。

片付けられるか 片付けられないか つまり 出来るか 出来ないか それによって、 わたしへの評価が決まるから。 (自分を無意識に良い・悪いに振り分けてるんだよねぇ)

そこに 本当の 本物の 安心はないのだよね。

だって、わたしがわたしにダメだしし続けるのは

苦しくて、辛すぎるもん。

わたし達が 本当に欲しいのは、 何かが 出来るとか 出来ないとか そんな事で そんな事で わたしの命の価値は変わらない!! (ちきしょー!変わってたまるか!笑) っていう世界なんじゃないのかな。

本当はやりたいのに。 本当は片付けたいのに。 出来ないわたしを 片付けられないわたしを そのまま ありのまま 受け入れたいし 赦したい、って 思っているんじゃないのかな。 自分のことを責めるわたしを そうせざるを得なかった わたしを わたしが わたしの そのままを 受け入れられたなら ダメなわたしを 克服するんじゃない。 出来ないから 出来るようにするんじゃない。

ただ、ただ わたしの願いを 湧き上がってくるモノを 叶えたいから、行動する。 同じ片付ける、でも 全く違う世界だ。 わたしが見たい世界は

良い悪いなく

わたしがわたしを

まんまで受け入れて

そこから、湧き上がるエネルギーで

創造する世界。 その為に お片づけにも 個人セッションがあったら…と 感じていて よっしゃ!実験してみよう!と思い、 これから、お片づけをご依頼いただいた 先着5名様に 【心が整う】エンパシー セッションを 無料で提供させていただこうと思います! (通常8000円で提供しています) ※残り4名です お片づけで自分を解放する。 本当の本物の安心を 届ける事が、わたしの願いです。 一緒に実験してみませんか!? お申込み、お待ちしとりまーす!! ★自分解放 おうちtotonoeサービス

最新記事
アーカイブ
​カテゴリー
    This site was designed with the
    .com
    website builder. Create your website today.
    Start Now