片付けなさい!という 命令の先にあるもの【前編】

July 23, 2017

みなさん こんばんは。

【お片付けを科学したい!】整理収納アドバイザー 冨田 真紀です。

 

 

 

 

 

さぁ、皆さん。

夏休みがやってきますね~(笑

給食のありがたみをヒシヒシと感じる時期到来!

 

 

 

 

 

 

 

子ども達と一緒にいる時間が長くなると

床に散らかるモノも多くなって

お母さんがイライラする事も増えてしまうかも

しれないなぁ。

(その氣持ち、とても良く分かります)

 

 

 

 

 

 

例えば。

床に散らかりまくるモノを見た時。

反射的にカーーーーッとなって

「こら!片付けなさい!」

と、言いたくなる。

 

 

 

 

 

 

 

お母さん的には

この回路が自然に出来上がっているので

ついつい、言ってしまいがちなんだけれど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「~しなさい!」

は、指令・命令なので

 

 

 

 

 

子ども達は、それに対して必ず

 ① 服従する

 ② 反抗する

のどちらかで反応することになるんです。

 

 

 

 

 

 

例えばわたしが

うちのお父ちゃんから

「ちょ!早くお昼ごはん作れよ!」

と言われたものなら

 

 

 

 

「カチーーーン」「コチーーン」

きまくりまくりです(笑

※反射的に反抗しがち。

 

 

 

 

 

「~しなさい!!」

と言った時点で

支配する側とされる側

図式が瞬時にできあがっちゃう。

 

 

 

 

 

 

対等な関係ではないし

そこから信頼関係は絶対に生まれません。

 

 つまり

「片付けなさい!」

で、子どもが動いたならば

それは、お母さんが怖いから動いたにすぎない。

というコトを

お母さんが知っておく必要がある、

と、わたしは強く感じるんです。

 

 

 

 

 

 

知らないで

ついつい「~しなさい!」という伝え方をしている

お父さんやお母さんが沢山いるんだろうな、

と思うから。

 

 

 

 

この伝え方をしていると

潜在的に子ども達は不安や恐怖を感じるんです。

こんな関係性を望むお母さんはいないんじゃないかなぁって。

 

 

 

 

 

 

片付けないことで

捨てるからね!もう買わないよ!と脅されたり

何回同じこと言わせるのさ、あんたは。

と、更に批判されたり

 

 

 

 

 

さらなる追い打ちが待ってる事を

子ども達は知っているから(笑

 

 

 

 

 

 

 

以前はわたしも

子ども達に対して

「片付けなさい!」

「~しなさい」

という表現を使っていたんです。

※当たり前に使ってました・・

 

 

 

 

 

でも、この伝え方から卒業しない限り

わたしと子ども達は

お互いに

「安心・安全」な関係を創ることはできない

と氣づき

 

 

 

 

 

恐怖や不安を煽って

子どもを動かすのではなく

「信頼し合える関係性」を

毎日の暮らしの中で築き上げていくには

どうしたらよいか、を考えるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

冨田がどうやって伝えているのかは

長くなったので

また次回!

 

 

------------- totonoe+ information------------------

 

【今日は新月。お片付けしたい人集まれ~の会】

 

■日時■ 08/22(火)10:00~12:00

■定員■  4名様  

■場所■  冨田さん家(札幌市北区南あいの里)

      ※申込み後、詳しい住所をお伝えします^^

      ※お車OK♪ JRあいの里教育大駅まで送迎も致しますよ~

■参加費■ 3000円(当日、承ります)

■持ち物■ 筆記用具

お申込みはこちらから・・

 

お片付けスイッチは人それぞれ・・・

●ワークを行い、シェアしあいながら、お片付けのスイッチ、ポチっとしていきます。

● 冨田さん家の1階の収納を全てご覧いただいて、五感フル活用でお片付けスイッチポチっ!

● ご自宅の収納で困っている場所の写メを持参していただき、 冨田がアドバイスしちゃいます

 (こちらは、希望者のみ)

 

----------------------------------------------------------------

 【整理収納アドバイザー2級認定講座】

■日時■ 8/31(木)9:15~16:30

■場所■  産業振興センター 

      札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1

■参加費■ 23100円(認定料・テキスト代込み)

■持ち物■ 筆記用具・ふせん

お申込みはこちらから・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ