子どもの思い出の作品を氣持ち良く手放す為に、わたしがしていること。

皆さん こんにちは。

【お片付けを科学したい!】整理収納アドバイザー 冨田 真紀です。

冨田さんの家には

小学校5年生と小学校1年生の男の子がいます。

まだ、お子さんが小さいお母さんに

声を大にして 伝えたい・・・

未就学児をもつお母さ~んっ!!

子どもの作品が増えるのは

「幼稚園・保育園まで」ですよ~っ!

小学校に入ると、

作品を持ち帰る回数は驚くほど減ります。

(その代わり、プリントの枚数はすごいけども!も!笑)

         ※ 顔から手と足が生え、母ちゃんの度肝を抜くゆうま画伯(当時年長さん)

子ども達が保育園に通っていたころは

子どもが鬼のように持ち帰る「作品」をどうしたもんか・・

と悩んだのですが

これだけは、残しておきたい!という

お宝な思い出以外の作品は

冨田さん家では

【動画で残す】ことに決めました。

写真じゃなくて、動画です。

ハイ。

まず。

動画で残すと

めちゃめちゃ子ども達が喜びます!笑

(自分が大好きな子どもたち)

動画の内容はこんな感じ。

-------------------------------------------------

母ちゃん「●年×月△日 ゆうま5歳9か月です」

母ちゃん「それはなんですか?」

ゆうま「おとうとのかおです!!!」

母ちゃん「どんな氣持ちで書きましたか?」

ゆうま「ふつうなきもちです!!」

母ちゃん「・・・はい!最後にひとこと!」

ゆうま「にょり~ん」

------------- 完 ---------------

1つの動画は1分ほど。

子ども達にインタビューしつつ

照れて、おだちまくる子ども達を動画で残して(iphone)

PCにバックアップをとっています。

(ゆくゆくはDVDへ)

すると。

その時の子どもの様子と作品が

映像(ストーリー)として残るので、

作品自体は手放しやすくなるんです。

そのおかげで

作品は氣持ち良くありがとうできるんですよね~♪

(わたしも子どもも)

子どもが創ったブロックの作品も

同じように動画に残していたので

(次男坊はLAQが大好物でした)

大傑作を創った後は、

どうしても作品を壊すことに抵抗があって。

1週間飾ろうね、とお約束をして(期間を決める)

1週間後、動画でインタビューして、

その後、リセットしていました。

達成感も満足感もその余韻も

何より子どもの氣持ちを大切にしながら

1つ1つ完了させていく。

子ども達は本当に自分たちが映っている

動画がかなり好きらしく、

当時の動画を(今でも)見ています。

厳選したお宝な思い出は作品として

少しだけ保管しているけれど

それ以外は、全てこの方法にしています。

作品を動画で残す。

思い出で困っているお母さん。

ぜひ、お試しあれ!!

-------------------------------------------------------------------------

【冨田さん家の収納ツアー付き♪

  リバウンドよ、さようなら!スッキリを叶える整理術】

■日時■ 3/21(火)10:00~12:00

■場所■ 冨田自宅(札幌市北区南あいの里)

     ※申込み後、詳しい住所をお伝えします^^

■参加費■ 3000円

■持ち物■ 筆記用具

■定員■  4名様 残2名様

自分にとって「スッキリ」とはどういう状態なのかを明確化するワークを行います。

その上で、自分らしさを大切にしながら、

暮らしを創っていく為のコツをお伝えしますよ~^^

さらに!我が家の1階の収納を全てお見せします。

目で見て、感じて、ご自身の生活の中に活かすヒントを

たくさん持ち帰ってくださいね~^^

お申込みはこちらから・・

最新記事
アーカイブ
​カテゴリー
    This site was designed with the
    .com
    website builder. Create your website today.
    Start Now