「わたしばっかり」と思っているお母さんへ。

みなさんこんばんは^^

【お片付けを科学したい!】整理収納アドバイザー 冨田 真紀です。

今日は、【わたしばっかり】と感じているお母さんに向けて

記事を書きたいと思います。

お母さんが1日の中でこなしているお仕事ってなかなかのボリューム、ですよね。

冨田さん家の場合・・・

 ・お掃除(掃除機をかける・お風呂掃除・洗面所・トイレ掃除・毎日じゃないけど拭き掃除)

 ・お洗濯

 ・お弁当をつくる

 ・朝食(昼食は休みの日のみ)をつくる

 ・食器を洗う

 ・もっち(白文鳥)のトイレ・ごはん・お水取り換え

 ・子どもを学校へ送り出したなら

 ・ごみ集め、ごみ捨て

 ・習い事送迎

 ・夕飯をつくりながら

 ・子どもの勉強をみる

 ・夕飯後、食器を洗い、キッチンを軽く掃除

 ・学校からもらってくるプリントチェックしつつ

 ・必要な行事などはスケジュールアプリへ

 ・明日のお米をといで

 ・お風呂準備

 ・子ども達を寝かしつけ

 ・除雪

 ・後片付け

 ・買い物

ちょっと考えただけで、こんなにいっぱいよ!笑

(いくつかお父ちゃんや子ども達もお手伝いしてくれています)

でも。

家族は、好きなように自分の時間を過ごしていて

リビングには、子ども達のモノが床にたくさん散らかって

ティッシュや食べた後のゴミはそのまま。

父ちゃんの洋服も収納ケースの上にどんどん積まれるし

なんで、あたしばっかり。

自分のことは自分でしてよ。

なんで、あたしばっかり。

わたしが使ったものじゃないよ。

自分で戻してよ。

ふと 虚しくなって

哀しくなって

心のコップが空っぽになる。

毎日、まいにち家事をして

どんなにキレイにしても

それを

平気な顔で散らかしていく

子ども達や父ちゃんが

腹立たしかった。

みんなが散らかしたものを

わたしが片づける事が当たり前と

思っていることも。

だから、つい声が大きくなる。

嫌味な言い方をしてしまう。

だからケンカになったり(笑

そんな時期が

わたしにもありました。

そんなわたしが整理収納を学んで。

それをお志事にするようになって。

そもそも

子どもも父ちゃんも

片付いていないことを全く氣にしてないし

困っていない、ということ。

そもそも

氣にしていないんだから、

わたしが片づけたって、氣がつかなといういこと

にわたし、氣づいちゃったんです(笑

あ、そっか。

あたしが大事にしていることは

子ども達やお父ちゃんにとっては

大したことじゃないんだ。

でも・・

でもね、わたしは、

家族みんなで暮らしていくうえで

大事にしたいことが、やっぱりあって。

わたしが大事にしていることを

家族みんなに伝えていく必要がある、

と感じたんです。

伝えていく。

でも、相手を変えることはできません。

なので、

わたしのアプローチの仕方を変えるしかない、

んですよね。

まずは、

子ども達が

お父ちゃんが

どういう仕組みを創ったら、

使いやすく、元に戻しやすいのかを

一生懸命に考えました。

そして、

その方法を伝え、

一緒に考えてもらい、

実際に試してみてもらいました。

失敗して

元に戻せなくても

ならば、違う方法で!

これなら、どうかな!?

また、試してもらいました。

すると、

ちょっとづつだけれど

お父ちゃんも

子ども達も

後片付けをしてくれるようになってきて。

その変化が

わたしは

本当に本当に嬉しくて。

ある時、

お父ちゃんが

会社の引き出しは、定位置管理をしている、とか

ラベルを貼って、みんなで情報共有をしている、とか

嬉しい報告をしてくれるようになって

実は、我が家のお父ちゃん

単身赴任をすることになったのですが

その時も

狭いせまい キッチンの中で

100均一を駆使して

ワイヤーを使い、プチDIYをしながら

壁掛け収納を作り上げ

定位置管理をしている写真を

送ってくれたりして(笑

それはそれは

嬉しい変化が沢山、たくさんあったのです。

(感激して、心の中で、打ち上げ花火鳴ってました!!)

暮らしって

こうやって創っていくのか、

って、思いました。

わたしが思っていること、

大事にしていることは、

言葉で伝えなくちゃ相手に伝わらないんだけれど

でも、

わたしが大事にしたいことを

分かってもらわなくても、

理解してもらえなくても

協力してもらえる、調和点を探していけばいいんだ。

相手には相手の価値観がありますもんね^^

これを積み重ねていったら

ひとりで抱えていた

虚しさも

寂しさも

わたしだけがどうして!っていう思いも

不思議なんだけれど

スーーっと、消えて行ったんです。

この【分かってもらいたい】という癖は

ちょいちょい顔を出すんだけど(笑

これからも

お互いが協力し合える、調和点、

探っていきたいと思います^^

わたしの体験談をつらつら書きましたが・・

毎日まいにち頑張っている お母さんの悩みが

どうか、少しでも軽くなりますように。

いつもクリック、ありがとうございます! とっても励みになっています。 更新がない間も、訪問していただき感謝、感謝です!

最新記事
アーカイブ
​カテゴリー
    This site was designed with the
    .com
    website builder. Create your website today.
    Start Now