「手紙」を通して考える、大切な人に最後に伝えたいこと。

みなさんこんばんは。

「お片付けを科学したい!」整理収納アドバイザー 冨田 真紀です。

NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」が大好物なわたし。

今回は

グラフィックデザイナー  廣村正彰さんでしたね~

廣村さんのお仕事の中に、

證大寺(しょうだいじ)の敷地内に新しく建設する「手紙寺」へ

お客様を導く「サイン」をデザインをするお話がありました。

※サインとは、非常口のマークのように

 一目でその意味を伝え、行動を導くデザインのことです。

「手紙寺」とは

先に別れを告げる人が、残された人に何を残せるのか、

を考えた時に。

別れを迎える、その前に、旅立つ人が残された人たちへ

「手紙」を書き、伝えたい思いを残す。

その手紙を書くためのスペースだそうです。

  詳しくはHPを見てみてね→手紙処

廣岡さんは、

その手紙寺へ向かうまでの道程に

「手紙標(しるべ)」という、

手紙の持つ「力」を 感じる「サイン」を建てることを

提案していました。

手紙寺HPより画像をお借りしています。

テレビの中では、

その結末が紹介されていなかったので、氣になってしまい

すぐさま、證大寺(しょうだいじ)のHPへ(笑

すると、HPの中に

「手紙」について

こんな一節がありました。

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

手紙は「便り」とも呼ばれ、「便り」は「頼り」に通じます。

手紙には、活字からでは読み取れない、何かがあります。

それは書き手にとっても、手紙を渡された読み手にとっても

たいへん貴重な意味を持つものになります。

手紙には、人が人生を生きていく上で、

忘れてはいけないことが隠されている

私たちはそう信じて、

もう一度手紙のこころを想い出し、大切にしようと考えています。

▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

この文章を見た時。

わたしは、

嫁ぐ日の朝に

母からもらった一通の手紙を思い出しました。

手紙をもらった時。

その封を開ける時。

言葉では言い表せない

何とも言えない

思いが込み上げてきて

折りたたまれた

その手紙を広げて

少しだけ、どきどきしながら

母の書いた、その文字を、

ゆっくり、大切に読んだ記憶が

今でも残っています。

「手紙」にも色々あると思うけれど

これが

わたしが書く「最後の手紙」になるとしたら

わたしは

誰に、どんな言葉を残すんだろう。

いや~

これって、めちゃめちゃ自分と向き合うことに

なりますね!笑

かなりディープ!

でも、今のわたしに必要な氣がしたので

今回、このサイトから

「無料手紙セット」を申し込んでみました。

▼手紙寺・證大寺(しょうだいじ)無料手紙セット申込み

自分で

とっておきの便箋と封筒を

選ぶところから

始めるのも盛り上がるかも!笑

(あ、自分の氣持ちがね)

こういうのは

楽しんだ者勝ちだと

思います(笑

もしも。

もしも、あなたの命が

もうすぐ終わるとしたなら

誰に

どんな言葉を

残しますか?

◆◆◆  totonoe+ information  ◆◆◆

11/29(火)収納公開ツアー付き 自宅セミナー

今日から始める!【自分軸が整う】お片付け講座

 詳細はこちら・・

■12/7(水) アンガーマネジメント×整理収納

理想の未来を引き寄せる!親子の為のお片付け講座

 詳細はこちら・・

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

いつもクリック、ありがとうございます! とっても励みになっています。

更新がない間も、訪問していただき感謝、感謝です!

その中で登場した

證大寺(しょうだいじ)の

最新記事
アーカイブ
​カテゴリー
    This site was designed with the
    .com
    website builder. Create your website today.
    Start Now