おうちtotonoeサービス実例26(押入れ)

みなさん こんにちは^^

【お片付けを科学したい!】整理収納アドバイザー 冨田 真紀です。

今日は、

【自分軸が整う】おうちtotonoeサービスをご利用いただいたお客様より

お写真をいただきましたので、ご紹介させていただきますね^^

※お客様のご厚意でお写真を使わせていただいております。

 無断転写、転用、固くお断りいたします。

今回は、「押入れ」です。

「押入れ」は、奥行が深いうえに、扉の開閉によるデッドスペースができてしまうので

 収納容量が多いのに、実は 困っている方が非常に多いです。

このお部屋は主に、ご主人が使っているスペース。

手仕事が大好きな奥様の材料もこのお部屋にあります。

【お悩み内容】--------------------------------------------

▼ ご主人が脱いだ洋服を床に置きっぱなしにしてしまう

▼ もっと主人が使いやすく、戻しやすい空間にしたい

▼ ご主人が氣持ちよく使えるようにしたい

▼ どこから、どう 手をつけてよいか分からない

▼ 奥様の趣味の材料・道具を もっと使いやすくしたい

-------------------------------------------------------------

かしこまりました!

奥様の希望をカタチに。

ご家族が笑顔で過ごせるような空間を創っていきますよ~!!

■before■

■after■

冬物(厚手)や丈が長いお洋服は 全てここへ集結!

床にはモノがなくなり、窓からは太陽の光が入ってきて

とっても氣持ちのよい空間になりましたね^^

■before■

■after■

長~~い強力つっぱり棒を使って、上段には お洋服を。

  今回使ったつっぱり棒はこちら

  ※平安伸銅工業さんのつっぱり棒は、とってもしっかりしておススメです。

ご主人がただいま~と帰ってきたら、小物も入れられるよう かごもセット!

■before■

■after■

奥様の趣味の道具も、用途別に分けて収納。

ここに入るだけもつ!というルールを作ると

溢れることはなくなります^^

使いたいときに、探さず、すぐに使える!

何がどこにあるか 分かる!

暮らしのハンドルを握っているのは、

他の誰でもない このワタシ!!

-----------------------------------------------------------

この絶対的な「安心感」は、

自分自身を「信頼」していくことに繋がっていきます。

------------------------------------------------------------

あら。

この仕組み、どこかで見たことがありますよね!?

  過去ブログ

★ 元に戻すことが苦手なお父ちゃんが出来る仕組みを考える

で登場した、パンツハンガー作戦!

ご主人にも

ここにズボンをスーーっと掛ける方法で

実験していただく事になりました。

なんと、今のところ大成功!!

やったーーーー!!

ご主人、脱いだお洋服を元に戻しているとのこと!!

実験が成功すると、やっぱり嬉しいですね~^^

■□■ お客様からいただいた感想 ■□■

片付けたいリビング、キッチン、子ども用収納スペース確保…

数ある『スッキリしたい場所』の中から、 今回は引っ越して来て以来、まったく整理整頓できずに開かずの間化していた

主人の部屋をお願いしましたが、大正解でした。

あれから2週間経ちましたが、

押入れをすっきりとクローゼット化していただいたお陰で、 主人が脱いだ衣服を床に直置きする事もなく、 毎日ちゃんとハンガーにかけるか、所定の場所に置いてあります

やはり、持ち物の帰る場所を用意する事がポイントでした。

また、手付かずだった書類や何やら分からない持ち物の整理も、 主人が自分でぼちぼちやってくれています。 部屋が整理されている状態を1度見せた後、 整理してもらいたい物を入れたダンボールをドンと部屋の真ん中に置きました。 そうしたら、片付いていない状態が心地悪く感じたようで、

やっと整理に着手してくれました。

今まで、いかに魔窟のような部屋の風景が当たり前になっていたか。 心地よい状態に1回リセットできて良かったです。 主人も片付けようというやる気が引き出せたようです!