わたしがエンディングノートを書く理由。

February 24, 2016

みなさん こんにちは。

【お片付けを科学したい!】整理収納アドバイザー 冨田 真紀です。

 

 

 

昨年の12/17に小笠原弘実さん

「今からはじめる!エンディングノート講座」に参加して

よっしゃ!わたしもコツコツ始めるぞーー!

と意氣込んでいたのですが、

1人だと、どうしてもノートを開く氣になれなくて・・

 

 

 

すると・・・おがさん(小笠原さん)

エンディングノートを実際に書いてみる機会を作ってくれたので

ウキウキで参加!!

(今回、会場は我が家でした~♪)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、エンディング、を意識して・・というよりは

わたしが突然入院!となった時に、

我が家のお父ちゃんが慌てふためかないように

「入院の備え」をテーマにして

 

 ・医療保険・生命保険の情報

 ・連絡先リスト

 ・銀行口座の支払いについて

 

をまとめました。

 

 

 

そして早速、お父ちゃんに

「母ちゃんが万が一入院したら、ここに必要な情報があるからね!」

と伝えましたよ~。

 

 

 

 

なんでしょうか、このすがすがしい氣持ちは!笑

心配をつぶしていくと

不安が安心に変換されますね~^^

 

 

 

 

 

先日。

104歳の医師。日野原 重明さんの本を読んでいたら

こんな言葉に出会いました。

 

 

  「いのち」とは時間である

  君たちの持っている時間は、「いのち」そのもの。

  そして

  その時間をどう使うかが、君の生き方なんだよ

 

 

 

いのちは、じかん。

 

  

 なるほどな~。


 とっても、腑に落ちました。

 

 

「時」とは、今、この瞬間。

「時」が連なって「時間」になり、

「時間」というのは

わたしがこの世に生を授かった 「いのち」の始まりから

いつか「いのち」を終えるその時まで

を意味するんだな、


と、くるくる考えていました(笑

 

 

 

とすると

今、過ごしている時間は「いのち」そのもの。

そう!「いのちそのもの」なんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

わたし

自分の時間の終わり方は

しっかり自分で決めたい!!

 

 

 

 

 

 

 

それを わたしの言葉でしっかりと残していくことが

わたしの時間が終った後に、

唯一、わたしが家族の為に出来ることだなって。

 

 

 

 

 


 

日野原さんの言葉は

わたしがエンディングノートを書く理由を明確にしてくれました。

 

 

 

これからもおがさんをはじめ、

色々な方の力をお借りしながら

コツコツ、わたしのエンディングノートを

作っていきたいな~、と思います^^

みんなで書くと本当に楽しいから、続けられるわ~♪

 

 

 

いつもクリック、ありがとうございます!

とっても励みになっています。

更新がない間も、訪問していただき感謝、感謝です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ