キッチンの調味料収納、変えました。

みなさんこんにちは。

【お片付けを科学したい!】整理収納アドバイザー 冨田 真紀です。

毎日、まいにち 365日

キッチンに立つわたし。

一度に色々なことを同時進行するのがホントに苦手で、

お料理もそんなに上手じゃないんだけれど!笑

でも・・

だからこそ・・

氣持ちよくキッチンに立ちたい!!

実はですね。

我が家は、よく使う調味料(砂糖・塩・片栗粉)は

調理台の上に置いていました。

でもここには、

浄水を入れたジャグが2つ置かれたり(常温がよいの)

冷やごはんをラップに包んだものが置かれたり(不器用だからカタチがいまいちだけど・・)

はたまた、バナナが置かれたり

色々置くとですね・・

やっぱり調理台スペースが

狭くなるんです。

そこで・・

よっしゃ!

調味料を移動しよう!と

思い立った母ちゃん。

キッチンの引き出しの中へ

収めることにしました。

すると・・・

う~ん、スッキリ!

これで、色々置いても、大丈夫!笑

これで、

氣持ちよくお料理する事ができるな~♪

実は、

「収納」にはアプローチの仕方が3つあります。

①美観

②機能

③量

この3つ全てを 

同時に手に入れることは出来ません。

見た目の美しさ(自分基準の美観)を優先するならば

視覚的な情報、

色・テイスト・リズム感を重視することになるので、

たくさんの量を持つ事 は難しくなります。

今は機能と美しさを兼ね揃えた収納も沢山ありますね~

それと同じように

使いやすさ(機能)を優先すると

美観は後手にまわり、

それだけ余裕をもったスペースが必要になる為

量を持つことは出来なくなります。

たくさんの量をもちたければ

見た目の美しさや

機能的な使いやすさは

諦めなければいけないのです。