いつか使うかもしれない、を手放せないあなたへ。

皆さんこんにちは。

totonoe+の冨田真紀です。




お久しぶりの投稿になってしまいました。




皆さん、お元氣でしたか?






新しい変化としては

我が家にコザクラインコの

梅ちゃんを迎えいれたこと。



生活がいっぺんしております!笑

なんともかわいいです!!

また、

我が家のモノも

見直したりもしています。





この間手放したのは

過去に学んだ講座の資料!!




ほぼほぼ手放しました。

うん。

もう要らんです。






「いつか使うかもしれない」






そこにある

自分の氣持ちに

なんともいえぬ

モヤモヤがあるとしたら







いっそのこと

手放してみちゃうことを

オススメします。







とはいえ!

手放したあとに

必要になったりするのよ〜

という声が聞こえてきそう。






確かに!





「なんてこった!

この間捨てちまったじゃないか!

ちっきしょー!!」







そんな事も あるかもしれません。







損をした。

また買わなくちゃいけない。

いやこれもう

手に入らないのよ。






そんな氣持ちになるくらいなら

いっそ持っていた方が。








確かに。

捨てたあとに

また必要になることも

あるかもしれない。

後悔することも

あるかもしれない。







でも、

あの時はそれが最善だと思った。







だとしたら

それでいいのだ。







それ以上でも

それ以下でもないのだ。







必要になったのなら

また、その時に考えれば

いいのだ。







自分にとっての

家族にとっての

暮らしの最善のカタチ






損をしたくないから

後悔したくないから

とりあえず、なモノ達に囲まれて

過ごしたいかどうか。






とりあえず。

いつか使うかも。

を手放すことは




損をしたくない

その恐れに紐付いた

妄想、

を一緒に手放すことになります。







得をしたい心が

損を恐れる心を呼ぶんです。







大切なのは

損得よりも

どういう暮らしをしたいのか。

どういう人生にしたいのか。

です。






モノに暮らしを

支配させてはいけません。





あなたの尊い人生を

あなたを大切にできる暮らしを。






そのためのお手伝いなら

いつでもします。





後悔上等!

損得上等!



全部ぜんぶ、手放していきましょ~っ!


最新記事